OYOYO Web Site

明日萌、悲別

 雨竜郡(うりゅうぐん)沼田町(ぬまたちょう)、「萌の丘(もえのおか)」。ルピナスの群生地として有名ですが、かなり出遅れた様です。花を付けているのは数えるほどで、ほとんどは“豆”になっていました。へえ〜、ルピナスって、豆の仲間なのね。ここは1999年のNHK朝ドラ「すずらん」のロケ地で、主人公の萌ちゃん(柊瑠美遠野凪子)が思索にふける為に度々訪れた場所として使われました。まあ確かに見事な田園風景で、心が洗われる感じです。

 こちらは「明日萌驛(あしもいえき)」。萌ちゃんの養父である次郎さん(橋爪功)が駅長をしていた。オープンセットを模して沼田町が作ったものらしい。ここは現役の留萌本線(るもいほんせん)の恵比島駅(えびしまえき)だが、本物の駅舎は車掌車を改造したものが隣にある。駅舎内に居る赤いリボンの少女は萌ちゃん(柊瑠美バージョン)人形。ドラマ終了から10年以上経っているが、訪れる人も少なくない様で、こうして良好に保存されています。

 ところ変わって、空知郡(そらちぐん)上砂川町(かみすながわちょう)、「悲別駅(かなしべつえき)」。倉本聰のテレビドラマ「昨日、悲別で」で使われた。ロケ当時は上砂川支線の終着駅、上砂川駅だったが、こちらは既に廃線。線路も撤去され、駅舎自体も本来の位置から移設されている。1984年のドラマ「昨日、悲別で」は「北の国から」の中継ぎ的なドラマで内容も暗く・・・まあたいしたドラマではありません(個人的感想)。しかし、その後も「今日、悲別で」、昨年は「明日、悲別で」と続き、倉本聰と富良野塾富良野GROUP)のライフワーク的な作品となっている。

 ロケ地巡りな一日でした。

 今日の温泉は、「上砂川温泉パンケの湯」。上砂川町内から少し山間に入ったところにあり、宿泊施設を併設しています。外観も館内もコンクリート造りで風情は無いし特徴も無い。温泉は内湯だけ。無色透明で、こちらも特色は感じられない。空知地方の温泉は、せっかくの資源を殺しているところが多い。わざわざ来るところでもないな。まあ上砂川町自体がわざわざ来る観光資源が無い。北海道の元炭鉱町は、どうなっていくのだろう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示中の話題

分類

温泉紀行

北海道)
パンケの湯(上砂川)
ぬかびら温泉(上士幌)
ユンニの湯(由仁)
温泉旅館松原(千歳)
いわない温泉(岩内)
祝梅温泉(千歳)
たっぷの湯(新篠津)
鯉川温泉旅館(蘭越)
みうらや温泉旅館(岩内)
竹山高原温泉(北広島)
湯ーとぴあ神恵内(神恵内)
ナウマン温泉(幕別)
旭岳温泉・湧駒荘(東川)
丸美ヶ丘温泉ホテル(音更)
北湯沢温泉(伊達)
岩見沢ゆらら(岩見沢)
川島旅館(豊富)
しょさんべつ温泉(初山別)
北村温泉(岩見沢)
月形温泉ゆりかご(月形)
門別温泉とねっこの湯(日高)
鶴の湯温泉(安平)
北竜温泉(北竜)
ホテル北乃湯(奈井江)
月美の宿紅葉音(蘭越)
つくだ荘(斜里)
赤井川カルデラ温泉(赤井川)
カルルス・ホテル岩井(登別)
定山渓・湯の花(札幌)
ながぬま温泉(長沼)
苗穂駅前温泉 蔵の湯(札幌)
えべおつ温泉(滝川)
ルスツ温泉(留寿都)
レ・コードの湯(新冠)
洞爺湖・ホテル和風(虻田)
湯の川・ホテル雨宮館(函館)
しこつ湖鶴雅リゾートスパ(千歳)
番屋の湯(石狩)
つきさむ温泉(札幌)
妹背牛温泉ペペル(妹背牛)
紋別プリンスホテル(紋別)
丸駒温泉旅館(千歳)
森林公園温泉きよら(札幌)
あいの里温泉なごみ(札幌)
鶴亀温泉(余市)
ふくろふ乃湯(当別)
虎杖浜温泉 アヨロ(白老)
豊平峡温泉(札幌)
楓楓(北広島)
十勝川温泉 富士ホテル(十勝)
なんぽろ温泉(南幌)

他)
玉川温泉(秋田)
周防大島(山口)
七沢温泉(神奈川)
大洗・潮騒の湯1(茨城)
大洗・潮騒の湯2(茨城)
天空の湯(山梨)
かみのやま温泉(山形)
道後温泉(愛媛)
ハワイアンズ1(福島)
ハワイアンズ2(福島)
ハワイアンズ3(福島)
湯田中(長野)

倉庫

コメント

リンク

このブログの検索

遠くへ行きたい

Test Space

candybox counter