OYOYO Web Site

旭岳温泉、東神楽グルメ

 上川郡(かみかわぐん)東神楽町(ひがしかぐらちょう)。旭川市の隣に位置するベッドタウンで、実は旭川空港の所在地。美瑛の延長の様な丘が続く風景に、ジェット機が飛び立ちます。まあ、のどかな感じです。食べログ東神楽町ランキング1位の蕎麦屋「(よもぎ)」に行きます。

 1日30食限定らしいので、向かう道すがら予約を入れる。しかし11時30分で予約をお願いしたが、開店直前の11時前に着いてしまった。先着のグループに続き、開店と同時に入っちゃいます。一応店の人に早く着いたむね、断りを入れますが、そのへんは適当でした。続々と客が入り、すぐにテーブルがいっぱいになります。

 案内された窓際のカウンターからは、美しい庭の風景が見渡せます。蕎麦の種類はもり、十割もりの2種類。それらが特盛り、天ざる、八千代等の組み合わせで提供される。お薦めは八千代だそうで、天ぷらの載ったぶっかけそばみたいな感じ。ここは蕎麦本来の味を楽しもう、って事で、十割天ざる蕎麦を注文。

 他のお客さんの様子を眺めていると、やはり八千代が人気の様だ。ただ、何をもって30食限定なのか定かではなく、例えば2時頃に予約して来たら何が残っているのか少し心配。程なくして、蕎麦がやってまいりました。天ぷらには塩が添えられている。蕎麦の薬味には、辛み大根が添えられている。

 肝心の蕎麦ですが、ちゃんと、蕎麦でした。北海道はせっかく蕎麦の産地なのに、ごま蕎麦だったり、塩ラーメン風だったり、なんか要らぬアレンジを加えて出される事が多く、なかなか普通の蕎麦が味わえない。しかしここの蕎麦は、蕎麦本来の香りもあり、蕎麦としていただける。辛み大根もグッドです。

 窓からの風景と言い、蕎麦の雰囲気と言い、全く北海道らしさが感じられず、信州の蕎麦処に来ている様な気分。そういった色々な条件を加味して、総合的に“美味しい”蕎麦でした。

 食後のデザートに、食べログ東神楽町ランキング3位のジェラート屋「アイス工房田村ファーム クローバーClover」へ。こちらは旭川空港ターミナルの目の前にある牧場直営の店です。ソフトクリームと、10数種類のジェラートがいただけます。北海道と言えば、ハスカップ。美味いねぇ。しかし、コーンが普通の業務用なのが残念。せっかく良い素材のソフトクリーム&ジェラートなんだから、そこもこだわってワッフルコーンを焼いて欲しい。

 さて、今日の本来の目的、週末温泉紀行に向かいます。東川町(ひがしかわちょう)、大雪山麓に位置する自然豊かな地で、その大雪山国立公園の中にある温泉を目指します。途中「大雪旭岳源水」なる場所に立ち寄り。駐車場の一角に水汲み場があり、大雪山系の湧き水を味わう事ができる。東川町は、全家庭が地下水を利用する水に恵まれた所で、ここはそのPR場所みたいな感じです。駐車場から湧出口までは立派な木道が整備されていて、苔むした木々に囲まれた小川に沿って歩く、癒し感満載のスポットです。

 「湯元 湧駒荘(ゆこまんそう)」に到着。標高1,000メートルに位置する旭岳温泉(勇駒別温泉)は、自然湧出で、しかも源泉温度が40数度と、神が人間に与えたご褒美の様な温泉。さすが神々の庭、大雪山麓です。中でも湧駒荘は、自然の岩を配した浴場に、5種類の源泉が楽しめる。ただし、普通に日帰り入浴をすると別館の方に案内されるので、フロントで「本館希望」と伝える事。

 1時過ぎ頃の到着だったが、まだ浴槽に湯がたまりきっていない。2日に1度は湯抜きをして清掃しているそうで、今日は清掃日にあたった様だ。掛け流しの上に、こまめな清掃。素晴らしい。洗い場は傾斜の途中に階段状に作られていて、自然の地形を巧みに利用している感じがうかがえる。

 さて、入浴。もうどれ入ったら・・・、って感じですが、温度の違いもあり、熱め、ぬるめを交互にゆっくりと堪能できる。ただし、全体的にぬるめなので、真冬は少し寒そう。日本では珍しいらしい「正苦味泉(しょうくみせん)」があり、“まさに苦いあじ”ってどうなのよ、って舐めてみましたが、ちょっと塩味?ってくらいで苦くありません。味的には「目薬の湯」が一番美味かったです。洗眼に使われるホウ酸が含まれているそうです。あ、でもホウ酸には毒性があるので飲み過ぎに注意です。って言うかそもそも飲用ではありません。

 日帰り客は別館に流れているのか、客も少なく1つの浴槽に1人くらいの状態で、ゆっくり堪能できました。大雪山の、自然の恵みを満喫です。ロビーでは、宿泊客用に蒸したジャガイモやトウモロコシのサービスが。いいなあ、ゆっくり宿泊してみたいなあ。

 山を下り、町へ戻ります。夕飯は、食べログ東神楽町ランキング2位のラーメン屋「光林坊(こうりんぼう)」へ。はい、東神楽町の食べログ制覇です。ここの看板メニューは「黒味噌生姜ラーメン」。聞くだけで身体に良さそうな感じです。妻が注文したのを少しいただきます。生姜風味を超え、しっかり生姜の効いた味で、身体が温まります。って言うかせっかく温泉入った後なのに、汗が出ます。一緒に頼んだギョウザは中身ぎっしり、食べ応えがありました。ふぅ。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示中の話題

分類

温泉紀行

北海道)
パンケの湯(上砂川)
ぬかびら温泉(上士幌)
ユンニの湯(由仁)
温泉旅館松原(千歳)
いわない温泉(岩内)
祝梅温泉(千歳)
たっぷの湯(新篠津)
鯉川温泉旅館(蘭越)
みうらや温泉旅館(岩内)
竹山高原温泉(北広島)
湯ーとぴあ神恵内(神恵内)
ナウマン温泉(幕別)
旭岳温泉・湧駒荘(東川)
丸美ヶ丘温泉ホテル(音更)
北湯沢温泉(伊達)
岩見沢ゆらら(岩見沢)
川島旅館(豊富)
しょさんべつ温泉(初山別)
北村温泉(岩見沢)
月形温泉ゆりかご(月形)
門別温泉とねっこの湯(日高)
鶴の湯温泉(安平)
北竜温泉(北竜)
ホテル北乃湯(奈井江)
月美の宿紅葉音(蘭越)
つくだ荘(斜里)
赤井川カルデラ温泉(赤井川)
カルルス・ホテル岩井(登別)
定山渓・湯の花(札幌)
ながぬま温泉(長沼)
苗穂駅前温泉 蔵の湯(札幌)
えべおつ温泉(滝川)
ルスツ温泉(留寿都)
レ・コードの湯(新冠)
洞爺湖・ホテル和風(虻田)
湯の川・ホテル雨宮館(函館)
しこつ湖鶴雅リゾートスパ(千歳)
番屋の湯(石狩)
つきさむ温泉(札幌)
妹背牛温泉ペペル(妹背牛)
紋別プリンスホテル(紋別)
丸駒温泉旅館(千歳)
森林公園温泉きよら(札幌)
あいの里温泉なごみ(札幌)
鶴亀温泉(余市)
ふくろふ乃湯(当別)
虎杖浜温泉 アヨロ(白老)
豊平峡温泉(札幌)
楓楓(北広島)
十勝川温泉 富士ホテル(十勝)
なんぽろ温泉(南幌)

他)
玉川温泉(秋田)
周防大島(山口)
七沢温泉(神奈川)
大洗・潮騒の湯1(茨城)
大洗・潮騒の湯2(茨城)
天空の湯(山梨)
かみのやま温泉(山形)
道後温泉(愛媛)
ハワイアンズ1(福島)
ハワイアンズ2(福島)
ハワイアンズ3(福島)
湯田中(長野)

倉庫

コメント

リンク

このブログの検索

遠くへ行きたい

Test Space

candybox counter