OYOYO Web Site

最北への旅、塩狩峠

 朝ご飯、ベビーホタテの味噌汁が美味い。「民宿旅館サロベツサロベツ会館)」は意外と歴史のある旅館で、昭和25年(1950年)に幌延駅(ほろのべえき)の構内食堂として開業したそうだ。

 さて、今日はひたすら帰宅ですが、寄り道しながらの道程となります。幌延深地層研究センターゆめ地創館」へ。昨日某所で見つけたパンフレットに、「エレベーターで、地下500メートルの展示室へ」みたいな事が書いてあったので、「すげーー、ヤッター」と勇んでやってきました。9時のオープンと同時に入館し、そそくさとエレベーターへ乗り込みます。その名も、バーチカルトランスポーター500(VT-500)です。地下までは、約2分、ん、全く揺れないなあ、壁に付けられた「窓」からは上へと流れるCGの風景が・・・。単に地下1階の展示室に行くだけのエレベーターでした。がっかりだよ。

 さて、深地層研究センターで何をやっているのかと言うと、「高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発として地層科学研究や地層処分研究開発」。日本原子力研究開発機構が運営する研究施設だ。福島第一原子力発電所の事故後はなりを潜めているが、それ以前にタレントを使って地層処分地募集のCMをやっていたのは「原子力発電環境整備機構(NUMO)」。NUMOは処分地を決めて運用する組織、こちれは安全に処分する為の検証をする組織。

 ちょっとおちゃらけたPR館の隣に、「地層処分実規模試験施設」なるお堅い施設がある。真面目そうな職員が、マンツーマンで解説してくれます。“実規模”と言うだけあって、ガラス固化した放射性廃棄物を入れるキャニスター(牧場で見るミルク缶みたいな感じ)、オーバーパック(1,000年保つ金属の棺桶)、緩衝材(棺桶を守る粘土のブロック)の、実物が展示されている。これらを実際に掘った穴に埋める為の巨大な実証実験装置も有る。

 非常に丁寧な説明で、こちらのド素人な質問にも真摯に答えて下さる。「本当に大丈夫なの?」との問いには、「・・・最終的な判断は皆様方にお願いする事になるので、疑問点等があればどんどんご意見をいただきたい」との事。「大丈夫です」と言わないところが、逆に好印象でした。処分方法について幾つか誤解していた部分もあり、話を聞いて良かったです。

 宣言します。うちのマンションの地下に埋めると言うなら反対はしません。風評被害による資産価値の低下は発生するでしょうから、それなりに補償はしてもらうでしょうけど。1万年後の事はわかりませんが、少なくとも1,000年先、自分が生きている間に放射能漏れが発生する事は有り得ないと思います・・・。洗脳されちゃいましたかねぇ。

 さて、出発します。天塩川をさかのぼり、中川郡(なかがわぐん)音威子府村(おといねっぷむら)へ。音威子府駅の、駅蕎麦を食べに行きます。まだ12時前なのに、駅前の駐車場は車で溢れている。なにがそんなに人気なのかというと、“日本一黒い蕎麦”。蕎麦の実を殻付きのまま挽いているそうです。駅の待合室にある蕎麦屋は観光客が列を成し、中ではおじいちゃんが1人で手際よく対応しています。天ぷら蕎麦を注文。天かすの塊の様な見事な天ぷらが蕎麦の風味を邪魔している。初めての場合は、かけ蕎麦を注文した方が良さそうです。麺は確かに黒い。いや麺だけではなく汁も黒い。

 食べてみると、意外なコシがあり、ちょっともっさりした感じ。汁は甘め。恐らくもっと寒い時期であれば、心地良く身体に染み込むだろう。降りしきる雪の中、連絡の汽車を待ちながら蕎麦をすする自分を想像して、少し幸せな気分になる。そういう旅情も含めて、完成される蕎麦なのだろう。なかなかイベントとして楽しい蕎麦屋でした。

 旭川に向けて、南下します。食後のデザートは名寄市(なよろし)の道の駅「もち米の里なよろ」で、ソフト大福をいただきます。多くの客で混雑していて、飛ぶ様に売れています。なんと18種類もあるので、どれを食べるか、選ぶのがたいへんです。アスパラ、青えんどう、しそ、の3種類をいただきます。中のあんだけでなく、皮の部分にも食材が練り込まれているので、見た目も鮮やか。って事は機械で作るにしても18種類のあんと皮を管理しなければならないので、細かな管理が必要な事業ですね。どれも売り切れることなく次々と補充されています。アスパラが意外と爽やかでした。キムチなんてのもあるので、勇気あるかたは試してみて下さい。

 もう一山越えれば旭川、上川郡(かみかわぐん)和寒町(わっさむちょう)ってところで、「塩狩峠記念館」の看板が。え、ひょっとして、あの三浦綾子の?、ちょっと寄ってみました。駐車場に車を停め、坂を登ると、ホーロー看板が並ぶ変な建物が。実はここ、三浦綾子さんの旧宅を移築したもので、文筆活動に入る前は自宅で商店を営んでいたそうだ。「来週頃には、桜が見頃なんですけどねえ、すいませんねえ」と、笑顔で迎えていただく。

 三浦綾子さん、代表作「氷点」「塩狩峠」の粗筋くらいは知っていたけど読んだ事はありません。経歴を読んで衝撃を受けました。小学校の教員として戦争教育を推し進めていたが終戦により価値観の崩壊。結核による入院と、二重婚を行うなどの退廃的な生活。クリスチャンの幼なじみによる影響。生涯の伴侶となる三浦光世との出会い、結婚。「氷点」の大ヒット。癌やパーキンソン病の発病・・・。神は乗り越えられる試練しか与えない、三浦綾子さんは見事に乗り越え、多くの作品を残し、信仰の素晴らしさを伝えました。すいません、今度真面目に作品を読んでみます。

 記念館のすぐ下は、まさに作品の舞台となった宗谷本線、そして塩狩駅。春の到来、桜の開花を待つ、小さな無人駅です。心が洗われたところで、そろそろ真面目に帰りましょう。高速に乗り、一気に札幌を目指します。でも晩ご飯を兼ね、途中下車し、温泉へ。はい、俗世に、漬りきっております。文学作品など、一生書けません。

 岩見沢市、「天然温泉岩見沢ゆらら」。料金にタオル、バスタオル、館内着のレンタルが含まれる、1日滞在型、大型施設です。駐車場の様子から結構混んでるかと思いきや、客が施設各所に分散している様で、温泉内は割と余裕がありました。強塩泉の、黄色いお湯。塩素消毒はされているが、掛け流し。露天風呂にテレビがあり、旅情感は下がるが、ファイターズの中継がある時は喜ばれるだろう。お食事処は広々していて、メニューも豊富。食べているうちに、また汗をかいてきたので、再度湯船に浸かりました。旭川方面の帰りに、なかなかお薦めです。

 2泊3日、日本最北端の旅。終了。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示中の話題

分類

温泉紀行

北海道)
パンケの湯(上砂川)
ぬかびら温泉(上士幌)
ユンニの湯(由仁)
温泉旅館松原(千歳)
いわない温泉(岩内)
祝梅温泉(千歳)
たっぷの湯(新篠津)
鯉川温泉旅館(蘭越)
みうらや温泉旅館(岩内)
竹山高原温泉(北広島)
湯ーとぴあ神恵内(神恵内)
ナウマン温泉(幕別)
旭岳温泉・湧駒荘(東川)
丸美ヶ丘温泉ホテル(音更)
北湯沢温泉(伊達)
岩見沢ゆらら(岩見沢)
川島旅館(豊富)
しょさんべつ温泉(初山別)
北村温泉(岩見沢)
月形温泉ゆりかご(月形)
門別温泉とねっこの湯(日高)
鶴の湯温泉(安平)
北竜温泉(北竜)
ホテル北乃湯(奈井江)
月美の宿紅葉音(蘭越)
つくだ荘(斜里)
赤井川カルデラ温泉(赤井川)
カルルス・ホテル岩井(登別)
定山渓・湯の花(札幌)
ながぬま温泉(長沼)
苗穂駅前温泉 蔵の湯(札幌)
えべおつ温泉(滝川)
ルスツ温泉(留寿都)
レ・コードの湯(新冠)
洞爺湖・ホテル和風(虻田)
湯の川・ホテル雨宮館(函館)
しこつ湖鶴雅リゾートスパ(千歳)
番屋の湯(石狩)
つきさむ温泉(札幌)
妹背牛温泉ペペル(妹背牛)
紋別プリンスホテル(紋別)
丸駒温泉旅館(千歳)
森林公園温泉きよら(札幌)
あいの里温泉なごみ(札幌)
鶴亀温泉(余市)
ふくろふ乃湯(当別)
虎杖浜温泉 アヨロ(白老)
豊平峡温泉(札幌)
楓楓(北広島)
十勝川温泉 富士ホテル(十勝)
なんぽろ温泉(南幌)

他)
玉川温泉(秋田)
周防大島(山口)
七沢温泉(神奈川)
大洗・潮騒の湯1(茨城)
大洗・潮騒の湯2(茨城)
天空の湯(山梨)
かみのやま温泉(山形)
道後温泉(愛媛)
ハワイアンズ1(福島)
ハワイアンズ2(福島)
ハワイアンズ3(福島)
湯田中(長野)

倉庫

コメント

リンク

このブログの検索

遠くへ行きたい

Test Space

candybox counter