OYOYO Web Site

幸せのパン、幸せの温泉、幸せのやきそば。

 真狩村(まっかりむら)、再び。

 北海道で一番美味いパン屋と評判の、「Boulangerie JIN (ブーランジェリー ジン)」へ。今日も吹雪で道が見えなくなる中、11時過ぎに到着。あれ、開いてない、また空振り??、かと思ったら、倒れた看板に12時開店の文字が。出直してきましょう。道の駅、真狩フラワーセンターへ。ゆり根商品(どら焼き、カステラ)が無くなっていました。収穫時期だけの限定商品なのかな。細川たかし、今日も元気に歌ってます。

 12時少し前に戻ると、既に1台車が。開店までにもう1台。開店と同時に勇んで入ります。2メートル程のカウンターに、10種類程度のパンが並んでいる。定番のクロワッサンに、季節のパンを数種類購入。良い香りが漂いますが、焼き立てという感じではない。真狩村イチの高級レストラン「マッカリーナ」にも納めているそうなので、朝早く焼いて、納品後なのかも知れない。

 食べるところも無いので、またまた真狩フラワーセンターへ。道の駅内のベンチに腰掛け、クロワッサンをいただく。ぱりぱりで、ぽろぽろ、こぼれます。道の駅さん、ごめんなさい。チョコとクランベリーのパンは、酸味と甘みがベストマッチ。実は、この2つのパンはどちらも冷めていたのですが、特筆すべきは冷めていても美味い事。表面の適度な堅さがしっとり感を閉じ込めている様で・・・なんて事を思っていると、写真を撮るのを忘れました。


 温泉紀行。ニセコ周辺に数ある温泉の中で、今日は磯谷郡(いそやぐん)蘭越町(らんこしちょう)を目指します。蘭越町の温泉と言えば、「国民宿舎雪秩父(ゆきちちぶ)」があまりにも有名・・・今日もたくさん車が止まっています・・・ですが、少しひねって、雪秩父の向かいにある旅館へ。「ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅葉音(あかはね)」。1日12組限定の小さな宿ですが、日帰り入浴も受け入れています。

 ジムニー君の頭上を遙かに超える雪の壁を分け入って到着。秘境感が漂います。木をふんだんに使った、落ち着いた作り。フロントに入ると硫黄の香りがしてきます。「寒波のため、露天風呂が使えませんが、よろしいですか?」、それは残念。でも加温もしていない純粋な温泉なのでそこは良しとしましょう。

 浴室も木をふんだんに使った落ち着いた作り。内湯は1つだけ。少しぬるめ。ここの特徴は、なんと言っても、泥です。生コンクリートを薄めたようなお湯です。湯船の底を手でまさぐると、泥をすくう事ができる。泥パック気分で楽しめます・・・って泥パックをした事は無いけど。きめの細かい泥がふやけ始めた手のシワに入り込み、どろんこ遊びを思い出します。露天風呂へ行く扉が開いていたので行ってみると、かなりぬるめのお湯となっていました。水風呂に入れる人なら、大丈夫です。遠くにスキー場が見えます。

 鄙びた温泉旅館の雰囲気、隠れ家的な雰囲気、秘境感、高級感、そして上質の温泉がうまく融合し、満足度の高い温泉でした。ただ、浴槽自体がそれほど大きくないのと、休憩スペースが限られているので多少混んでくると印象が違うかも知れません。

 夕食は、小樽へ。小樽と言えば、まあ寿司ですが、最近話題にしようと躍起になっているのが「小樽あんかけ焼きそば」です。あんかけ焼きそばを提供していた店は昔からあったみたいですが、それがはやっていたかと言えば微妙なところで、まあ、最近のB級グルメブームを当て込んだものでしょう。「中華食堂 桂苑 (けいえん)」へ。アーケード商店街にある古そうな店で、料理の写真を撮っている人も居ますが、普通に常連客が来ている様です。あんかけ焼きそばと炒飯、餃子を注文。

 あんかけ焼きそば。ちょっと焦げ目が付くくらいに炒めた焼きそばの麺に、中華のあんが乗っている。量は普通。中華屋さんの料理だけど、ちょっと和風な香り。この独特な香りが食欲をそそり、普通に美味しかったです。そう、普通に。特別にプロの味では無いですが、独り者なら毎日来て、炒飯だったり、ラーメンだったり、過ごせそうです。炒飯は、グリーンピースがアクセント。グリーンピースですよ。もう昭和の感覚です。町の中華屋さんとして完成された味で、この店は外れが無いだろうな、と思えます。昨年訪れた「若鶏時代 なると」もそうだけど、小樽には町に根付いている店がありますね。



--------------------------------------------------


 たつかま。スケトウダラの白子から作ったかまぼこ。岩内郡(いわないぐん)岩内町(いわないちょう)の郷土食?。2月いっぱいで終わる冬の味覚って事で、わざわざ立ち寄って買ってきました。尾崎商店」入魂の一品です。はんぺんのような、こんにゃくのような、変わった食感。薄切りにしてワサビ醤油でいただくと、おつまみとして最高です。あ、ワサビはやっぱり山ワサビでね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示中の話題

分類

温泉紀行

北海道)
パンケの湯(上砂川)
ぬかびら温泉(上士幌)
ユンニの湯(由仁)
温泉旅館松原(千歳)
いわない温泉(岩内)
祝梅温泉(千歳)
たっぷの湯(新篠津)
鯉川温泉旅館(蘭越)
みうらや温泉旅館(岩内)
竹山高原温泉(北広島)
湯ーとぴあ神恵内(神恵内)
ナウマン温泉(幕別)
旭岳温泉・湧駒荘(東川)
丸美ヶ丘温泉ホテル(音更)
北湯沢温泉(伊達)
岩見沢ゆらら(岩見沢)
川島旅館(豊富)
しょさんべつ温泉(初山別)
北村温泉(岩見沢)
月形温泉ゆりかご(月形)
門別温泉とねっこの湯(日高)
鶴の湯温泉(安平)
北竜温泉(北竜)
ホテル北乃湯(奈井江)
月美の宿紅葉音(蘭越)
つくだ荘(斜里)
赤井川カルデラ温泉(赤井川)
カルルス・ホテル岩井(登別)
定山渓・湯の花(札幌)
ながぬま温泉(長沼)
苗穂駅前温泉 蔵の湯(札幌)
えべおつ温泉(滝川)
ルスツ温泉(留寿都)
レ・コードの湯(新冠)
洞爺湖・ホテル和風(虻田)
湯の川・ホテル雨宮館(函館)
しこつ湖鶴雅リゾートスパ(千歳)
番屋の湯(石狩)
つきさむ温泉(札幌)
妹背牛温泉ペペル(妹背牛)
紋別プリンスホテル(紋別)
丸駒温泉旅館(千歳)
森林公園温泉きよら(札幌)
あいの里温泉なごみ(札幌)
鶴亀温泉(余市)
ふくろふ乃湯(当別)
虎杖浜温泉 アヨロ(白老)
豊平峡温泉(札幌)
楓楓(北広島)
十勝川温泉 富士ホテル(十勝)
なんぽろ温泉(南幌)

他)
玉川温泉(秋田)
周防大島(山口)
七沢温泉(神奈川)
大洗・潮騒の湯1(茨城)
大洗・潮騒の湯2(茨城)
天空の湯(山梨)
かみのやま温泉(山形)
道後温泉(愛媛)
ハワイアンズ1(福島)
ハワイアンズ2(福島)
ハワイアンズ3(福島)
湯田中(長野)

倉庫

コメント

リンク

このブログの検索

遠くへ行きたい

Test Space

candybox counter