OYOYO Web Site

葡萄祭りですよ。「勝沼ぶどうの丘」「やまたか園」

 「勝沼ぶどうの丘」に行ってきました。最寄り駅はJR中央本線の「勝沼ぶどう郷駅」ですが、「あずさ」を始めとする殆どの特急、急行は停まりません。そんなわけで、意外と便利なのが中央高速バス。新宿駅前から1時間半で“最寄り駅”の「釈迦堂バスストップ」に到着です。

 釈迦堂のバス停は、釈迦堂パーキングエリアに併設されていますが、このパーキングがちょっと面白い。下り側パーキングには、パーキングに併設される形で「釈迦堂遺跡博物館」がある。これは、中央道建設の過程で出土した縄文時代の遺跡、遺物を展示するために作られた博物館で、だれもがイメージする典型的な縄文土器を見ることが出来る。そして売店では地元産のワインが購入できちゃったりします。高速御法度のアルコール飲料です!!なんてことでしょう。また建物自体が少し高台にあるので、甲府盆地の眺めが最高。教科書に出てくるような典型的な扇状地に広がる桃や葡萄の果樹園が見渡せます。

 下りの名物が釈迦堂遺跡なら、上りの名物は葡萄畑。パーキングの敷地の外が直ぐに果樹園になっていて、バス停横のゲートから出ると数分で、各農家の経営する店舗が並ぶ一般道に到着です。8月、9月はまさに葡萄の最盛期。実は今日の本当の目的は、その中の1軒、「やまたか園」に行くこと。ここ、行きつけの葡萄屋さんです。


 「どっから来たの?」「いや、その、上のパーキングから・・・」。

 仕事帰りに休憩で立ち寄った釈迦堂パーキングで、気分転換に周辺を散歩していた時のこと、農家のおばあちゃんに突然話しかけられた。季節外れの農道を歩くサングラスをした怪しいサラリーマンに対して警戒することも無くしばし世間話。そして帰りには自家栽培の野菜をお土産に持たされてしまった。それ以来何度か立ち寄り、その度にプチトマトとか、レタスとか、きゅうりとか、インゲンとか、イチゴとか、いろいろもらっている。あ、もらってばかりではありません。昨年はちゃんと葡萄買いに来ました。葡萄棚から自分で切らせてもらえるので、面白くなって山ほど買ってしまいました。


 山梨出張に出掛けるとなぜか野菜を土産に持って帰る謎の行動に疑念を抱く妻を伴い、今日は完全にOFFモード。「別に遊び歩いているわけじゃなくて、ほらすぐそこが葡萄のおばあちゃんちなのよ」と解説しながら「やまたか園」へ。パーキングを出て一番近い果樹園です。「ぶどうの丘」へ行く前にとりあえずご挨拶、タクシーを呼んでもらおうと思っていたら「だったら送ってあげるよ」って事で、ライトバンで送っていただきました。

 「ぶどうの丘」は、甲州市が運営する観光施設で、宿泊施設、レストラン、露天風呂温泉、ワインカーヴ等からなる。特筆すべきはワインカーヴ(地下ワイン貯蔵庫)。1,100円払えば試飲用の容器(タートヴァン)がもらえ、100種類以上が一日飲み放題です。早速地下室へ。午前の部は、白ワインを中心に攻めます。「樽熟(成)」と銘打ったブランドが複数のメーカーから出ていますが、まろやかな味と、ウィスキーに通じる香りが楽しめます。

 ちょっと休憩の後、露天風呂温泉「天空の湯」へ。複数のプレートがぶつかり合う甲府盆地周辺には結構古くからの温泉地がありますが、ここも源泉は41度だそうで、立派な温泉です。でも、夏の昼間の露天風呂は暑いです。肌がじりじりと焼ける感じがします。海水浴に来ている気分です。おまけに素晴らしい眺めですが、逆に覗かれ放題です。農家のかたと、目が合いそうです。

 軽食ラウンジの座敷で昼飯。ここ「ぶどうの丘」の難点は、食事が高いこと。レストランだと1人数千円、ここの軽食でもラーメンにおにぎりを付ければ千円です。

 再びワインカーヴへ。午後は赤ワインを中心に攻めます。甘口を探していたら、お、これは懐かしい味。蒼龍葡萄酒株式会社の「MADURO VINHO(マドゥーロ ヴィーニョ)」。製法を確認すると・・・ワインにブランデーを加えて熟成・・・ポートワインと同じ、酒精強化ワインです。ポルトガルを思い出します。今日一日で、20種類以上のブランドを堪能しました。

 市民バスに乗り、釈迦堂へ戻ります。「まあお茶でも飲んでゆっくりしなさい」。午後の「やまたか園」は立ち寄る客も居ず、のんびりしていました。“試食”の葡萄をいただく。葡萄棚の下で食べるとれたて葡萄。贅沢な一時。

 おばあちゃん自慢のお孫さんの案内で葡萄狩りに。今年は暑すぎて成長が止まり、生育が遅れているそうだ。また害虫の成育に適した温度となってしまい大変だったらしい。「やまたか園」は有機栽培を基本としているので、より大変だったことでしょう。道々解説を受けながら次々と“試食”が続きます。もうそれだけでお腹いっぱいです。

 バス停まで5分、ぎりぎりまでお店の皆さんと世間話。おおらかと言うか、商売気が無いと言うか、最後まで楽しい時間を過ごしました。そして結局今日も購入した葡萄とは別にきゅうりをいただきました。申し訳ないので、最後にもう一度、宣伝しておきます。釈迦堂上りパーキングから徒歩5分(下りからも行けます)、有機栽培にこだわった、甲府で一番、安心、安全、美味しい葡萄園です。皆さん葡萄作りに真摯に取り組んでおられます。この時期の山梨土産には、ぜひ「やまたか園」へお立ち寄りください。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

表示中の話題

分類

温泉紀行

北海道)
パンケの湯(上砂川)
ぬかびら温泉(上士幌)
ユンニの湯(由仁)
温泉旅館松原(千歳)
いわない温泉(岩内)
祝梅温泉(千歳)
たっぷの湯(新篠津)
鯉川温泉旅館(蘭越)
みうらや温泉旅館(岩内)
竹山高原温泉(北広島)
湯ーとぴあ神恵内(神恵内)
ナウマン温泉(幕別)
旭岳温泉・湧駒荘(東川)
丸美ヶ丘温泉ホテル(音更)
北湯沢温泉(伊達)
岩見沢ゆらら(岩見沢)
川島旅館(豊富)
しょさんべつ温泉(初山別)
北村温泉(岩見沢)
月形温泉ゆりかご(月形)
門別温泉とねっこの湯(日高)
鶴の湯温泉(安平)
北竜温泉(北竜)
ホテル北乃湯(奈井江)
月美の宿紅葉音(蘭越)
つくだ荘(斜里)
赤井川カルデラ温泉(赤井川)
カルルス・ホテル岩井(登別)
定山渓・湯の花(札幌)
ながぬま温泉(長沼)
苗穂駅前温泉 蔵の湯(札幌)
えべおつ温泉(滝川)
ルスツ温泉(留寿都)
レ・コードの湯(新冠)
洞爺湖・ホテル和風(虻田)
湯の川・ホテル雨宮館(函館)
しこつ湖鶴雅リゾートスパ(千歳)
番屋の湯(石狩)
つきさむ温泉(札幌)
妹背牛温泉ペペル(妹背牛)
紋別プリンスホテル(紋別)
丸駒温泉旅館(千歳)
森林公園温泉きよら(札幌)
あいの里温泉なごみ(札幌)
鶴亀温泉(余市)
ふくろふ乃湯(当別)
虎杖浜温泉 アヨロ(白老)
豊平峡温泉(札幌)
楓楓(北広島)
十勝川温泉 富士ホテル(十勝)
なんぽろ温泉(南幌)

他)
玉川温泉(秋田)
周防大島(山口)
七沢温泉(神奈川)
大洗・潮騒の湯1(茨城)
大洗・潮騒の湯2(茨城)
天空の湯(山梨)
かみのやま温泉(山形)
道後温泉(愛媛)
ハワイアンズ1(福島)
ハワイアンズ2(福島)
ハワイアンズ3(福島)
湯田中(長野)

倉庫

コメント

リンク

このブログの検索

遠くへ行きたい

Test Space

candybox counter